2023年のバレンタインのキーワードとなるのは、SDGsだといいます。環境などに配慮しているものを提供することで、単なるイベントを楽しむだけではなく、地球の将来を考えて何ができるのかを実行することも考えるしっかりした考えをする傾向が強い消費者が増えていることは事実です。特に販売されているものの中には廃棄される予定の食品を練りこんで作られたバレンタインチョコや、現地の農家や女性の自立を支援するために作られたもののなどを積極的に購入する人も多く、将来のことを考えたときに身近な部分でできることを提示しているといえます。廃棄される予定の食品を練りこむことでごみを出さずに環境への配慮を行うことができること、フェアトレードを掲げたブランドを利用することで、自分たちの生活だけではなく、生産国の農家や女性たちが自立できるように支援することにつながるのも魅力です。

バレンタイン一つとってもある程度消費者ができることを明示しているため、今後もほかのイベントでこの流れは加速するのではないかといわれています。様々なイベントで廃棄食品の減少や生産国の農家や女性たちが適切に評価される流れが主流化することで、地球の将来をより真剣に考えられるようになる可能性が高いです。実店舗やオンラインショップの中でこれらの流れが主流化することで、自分たちの生活面でも廃棄食品やフェアトレードを意識した買い物をすることができるようになる可能性があります。バレンタインのことならこちら