毎年2月14日はバレンタインデーとして全国でチョコレートの売り上げが増すイベントがあります。女性から男性に対してチョコレートを贈る日なのですが、なぜこの様な形になったのでしょうか。そもそもバレンタインの発祥はローマ時代に、キリスト教の司教であったヴァレンティヌス氏が婚姻禁止の中、兵士の婚姻を密かにさせていました。それを禁止していた皇帝に知られた事で、ヴァレンティヌスは処刑されたのです。

その方の勇気ある行動が恋人たちの守護神として祀られる様になり、キリスト教徒の祝日として2月14日は聖バレンタインデーと呼ばれる様になった経緯があります。以上の事から女性から男性にチョコレートを贈る理由として繋がりが全くありませんが、この風習は世界では見られず日本独自のものなのです。海外では男性から女性に贈るのが一般的で、しかもチョコレートではなくメッセージカードや花束をプレゼントします。日本では1932年にチョコレート会社の広告で、大切な人にチョコを贈る事を掲げました。

それから日本ではチョコレートをバレンタインにはプレゼントする事が一気に広まった説等があります。他にも様々な企業の説がありますが、全てチョコ会社の広告から広まったと考えられています。女性から男性にと言うのは後からお返しにとホワイトデーができた事から、2月は女性で3月は男性からと言う風習が作られてきました。これらの背景にはやはりチョコレート会社の宣伝と操作が絡んでいるのです。

バレンタインのことならこちら