バレンタインは元々はキリスト教の祝い事であり、カップルがお互いに敬意を持って愛を祝うことでした。ウァレンティヌスが、禁じられていた結婚式をカップルのために執り行い結果的に殉教することになったことが発端だと言われております。現在ウァレンティヌスは聖人に数えられており、愛を司る象徴と言われているのです。2月14日は大切な人や恋人や家族に、贈り物を贈り合うことが風習になっております。

元々は贈り物であり、チョコレートを絶対に選ばなければいけないわけではありません。近年は当初の意味を踏襲して、チョコレート以外にビスケットやアクセサリー、イベントのチケットや手作りの写真立てなど、お金の有無ではなくて二人とっての意味のある物の方が思い出に残るということで、そうした物を贈り合うことも増えてきました。人間関係において高額なブランドのバッグでなければならないなど、本来の意味をはき違えて、異性にプレゼントを強請るような輩もおります。ウァレンティヌスさんは悲しんでいることは間違いありません。

元々2月14日は女神ユーノーの生誕祭でした。この日は好きな人に愛の告白をする日であり、そのまま結婚する人も少なくなかったのです。しかし時の皇帝ローマ帝国皇帝クラウディウス2世は、兵士たちの士気の低下を恐れて恋愛や結婚に対して寛容ではありませんでした。バレンタインの語源になったウァレンティヌスは、兵士たちの嘆きに耳を傾けて結婚式を執り行ってあげたのです。

そして時の権力者である皇帝の逆鱗に触れて、結果的に殉教することになりました。バレンタインはだから、女神の誕生日でありウァレンティヌスの命日なのです。バレンタインのことならこちら